協会からのお知らせ

遠隔医療従事者研修 東京会場の研修が無事終了いたしました。

協会からのお知らせ

東京会場の研修が無事終了いたしました。 皆様のおかげで熱心で良い研修となりました。ありがとうございました。

ページトップへ


 

協会からのお知らせ

遠隔医療従事者研修 大阪会場にお申し込みの皆様に受講証を郵送いたしました。

協会からのお知らせ

大阪会場にお申し込みの皆様、全員に受講証を郵送いたしました。11月25日にお手元に届いていなければ、ご連絡ください。

ページトップへ


 

協会からのお知らせ

平成27年度遠隔医療従事者研修の参加申込みを終了しました。

協会からのお知らせ

平成27年度遠隔医療従事者研修の参加申込みは終了いたしました。
多数の皆様のご応募ありがとうございました。

ページトップへ


 

ページトップへ


 

ページトップへ


 

ページトップへ


 

活動のお知らせ

平成27年度 厚生労働省事業 「遠隔医療従事者研修」

活動のお知らせ

平成27年度 厚生労働省事業 「遠隔医療従事者研修」が以下のように開催されます。

 

■日時・場所

・東京(新宿):平成27年11月13日(金)~15日(日)

・大阪(梅田):平成27年11月27日(金)~29日(日)

東京会場・大阪会場の研修内容は同じです。

 

■主催 特定非営利活動法人日本遠隔医療協会

 

詳細は、以下ページをご覧ください。

http://j-telemed-s.jp/seminar2015/

多数のご参加をお待ちしております。

ページトップへ


 

協会からのお知らせ

日本遠隔医療協会の役員交代について

協会からのお知らせ

特定非営利活動法人日本遠隔医療協会の役員の交代および新任についてお知らせいたします。

特定非営利活動法人日本遠隔医療協会(以下、本協会)では、10月1日付けで理事長が以下の通りに交代いたしました。

 (退任)           理事長               長谷川 高志

 (就任)        理事長                  酒巻 哲夫

 この交代を機に協会の事業遂行能力のいっそうの向上に務めます。併せて、協会の運営施策立案および検討能力強化のために、2名の理事が就任いたしました。

(新任)        坂田 信裕

(新任)        山田 桃子

 これにより、役員体制は下記の通りとなりました。

    理事長              酒巻 哲夫           高崎市医師会看護専門学校

    副理事長           郡 隆之              利根中央病院

    理事(事務局担当)   東福寺 幾夫      高崎健康福祉大学

    理事                  坂田 信裕           獨協医科大学

    理事                  山田 桃子           NPO法人medical-e.net

    監事                 吉井 宏文           吉井税理士行政書士事務所

 なお、前理事長 長谷川高志は、特任上席研究員として、研究・教育事業を担当します。

     特任上席研究員                            長谷川 高志

 以上.

PDFのダウンロードはこちら ⇒ 日本遠隔医療協会の役員交代について201411212

 

ページトップへ


 

活動のお知らせ

平成26年度 厚生労働省事業 「遠隔医療従事者研修」いよいよ開催

活動のお知らせ

平成26年度 厚生労働省事業 「遠隔医療従事者研修」がいよいよ以下のように開催されます。

 

■日時・場所

・東京(信濃町):平成26年11月14日(金)~16日(日)

・大阪(心斎橋):平成26年11月28日(金)~30日(日)

東京会場・大阪会場の研修内容は同じです。

 

■主催 特定非営利活動法人日本遠隔医療協会

 

詳細は、以下ページをご覧ください。

http://j-telemed-s.jp/seminar2014/

 

参加申し込みは締め切りました。

ページトップへ


 

関連情報

日本遠隔医療学会と日本医療情報学会で共同企画シンポジウムを開催

関連情報

日本遠隔医療学会と日本医療情報学会で共同企画シンポジウムを開催します。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。
 
1.題目 「遠隔医療の普及手段を考えるー現場医療者への遠隔医療スキルの育成ー」

2.趣旨
医療ICTによる臨床現場の変革に大きな期待が集まっています。技術一辺倒ではなく、医療者の高度な経験とチーム活動、「医の心との融合」の上に育つべきものです。高機能な情報機器で自動的に実施できるものではなく、人の介在が減るものでもありません。むしろコミュニケーションとケアのスキルの活用、チームの各メンバーや患者、家族との結びつきを大きく活かし、チーム活動が活性化するべきものです。在宅医療の場では、医師不足地域や在宅医療地域連携拠点事業、特区などの現場で遠隔診療の試みが進んでおり、導入と活用に関する知見が多々蓄積されています。診療施設側に医師、患者宅に患者・家族と看護師らがいることで、チームによる高度な在宅診療が可能となります。そうした技能を高めてきた、医師、看護師(トータル・ヘルス・プランナー)、行政の試行や教育、育成の活動を紹介します。地域医療の中でICTを活かす重要な視点として、現場医療者の高度なスキル育成の重要性を考えます。 

ICTを活用した医療が現場に浸透するには、現場医療者のスキル向上が欠かせません。その取り組みを、遠隔医療を実施している施設の各職種や、医療福祉特区を指導する県庁関係者などから直接に語る場は、多くの医療ICT関係者に有意義と考えます。

3.日時・会場
2013年11月22日 16時~17時30分
A会場

4.座長・パネリスト(敬称略)
(1)座長
本多正幸(長崎大)、酒巻哲夫(群大)

(2)パネリスト
①山口義生(新見市阿新診療所院長) 医師から見た遠隔診療向け看護師の育成
②木村久美子(岐阜市小笠原内科看護部長) THP・看護師から見た遠隔診療と看護師育成
③井下秀樹(香川県健康福祉部医務国保課) オリーブナースについて
④森田浩之(岐阜大学総合内科) 遠隔診療教科書の取り組み

(3) 指定発言者
厚生労働省医政局研究開発振興課医療技術情報推進室
室長 渡辺顕一郎

5.第33回医療情報学連合大会について

下記大会HPをご覧ください。
http://www.medinfo.hyo-med.ac.jp/jcmi33/

6.問い合わせ窓口
群馬大学医学部附属病院
長谷川高志

takahasegawa-mi@umin.ac.jp

ページトップへ


 

« 古い記事 新しい記事 »